So-net無料ブログ作成
検索選択

Everything has reasons. [日記]

DSCF4147.jpg

すべてに理由があるとでも訳すのだろうか。友人のお母さんが言ったことばだそうだ。出張中に二人で食事に行って何杯ものワインの後で彼が言った言葉は衝撃的だった。母国のサッカーのナショナルチームを目指していた彼を襲った交通事故。その結果で15年間の車椅子生活だったそうだ。今は普通に歩いてジョギングもしているからそんなことがあったことは知らなかった。 何ということだ。そんな彼にお母さんが言った言葉だそうだ。何が起こっても良くないことでも良いことでもそれは理由があるということだそうだ。特に悪いことが起こっても次の何かの準備だったりするというのだ。しかし二度と歩けないことが起こっても理由があるのだと済ます勇気は私にはない。

彼はそれで車椅子でパラリンピックを目指していたそうだが、若い体は徐々に回復してついには健常者に戻ったのだそうだ。結果が良いから何かの準備だったのかもしれないがそうでない人もいる。理由があると思えるには強い精神力が必要だろう。

前にパラリンピックに関わった時に聞いたのは、先天性ではない障害の人の場合にはその絶望から立ち直ってさらに努力を続けて選手になるということは並の精神力ではできないということだ。だからこそ尊敬されるべきだし、そして大事なことは障害があるかわいそうな人ではなく個性を持った人で優れた能力を持つ人として尊敬されるべきだということだった。だから本当はオリンピックとパラリンピックは一緒になって100mの部とか車椅子の100mの部とかがあるべきだといういう意見だったが確かにそう思う。

すべてのことに理由があって、そのために強い精神力を持つ人になれたということになるのだろうか。たくさん飲んで遠い道を二人で歩いて帰りながら色々な話をしたが、すべてのことに理由があるという言葉がずっと頭の中に残っていた。

また東京ではブログを書かずにロンドンのラウンジで書いている。どうも最近は忙しいということもあるが書く気持ちになれないのだ。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 1

youzi

おはようございます。
私もブログで、バイク事故で半身不随になり、
今、車椅子のランナーをされている山本浩之さんと
知り合いになりました。
事故に遭われた時は、本当に大変な思いをされたと思いますが、
乗り越えた時の状態はとても素晴らしいものになりますね。
望まない事が起きても、マイナスに考えない。
ちょっとした、プラスな出来事の積み重ねで、
いい方に向かっていけるような気がします。
by youzi (2015-04-28 07:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る