So-net無料ブログ作成
検索選択

明けない夜はない [日記]

IMG_2222.jpg

前回、ここでブログを書いてから1ヶ月と少し。怒涛の日々はやっと終わった。今回のという限定がつくのかもしれないが、やっと終わったという感じがする。飛行機を待ちながら何もすることがなくワインを飲んでいるというのが落ち着くのはいつも通りだ。ただ、前回と違うのは一段落ということ。

先輩がいつか言ったのは、「始まらないイベントもなければ、終わらないイベントもない」ということ。いくら準備をしてもその日は来るし、辛くてもいつかは終わる。確かに大変だったことは大変だが、それもいつものこと。

そして続くのは日常という人生だが、昔と違って時間が永遠にないということが分かってきたからいつまでこれを続けることができるのだろうか。あるいは、いつまで続けたいのだろうか。いつのタイミングでラットレースから降りれば良いのか分からない。永遠が終わるまで?それとも永遠がないと分かってきた時に?

明けない夜はないのだが、実際には個人には明けない夜が来る。問題はそれが今日なのかしばらく先なのかよく分からないということ。すでに大抵のことについて覚悟はできているのだが、まだまだやり残したことが沢山ある。いつのタイミングで明けない夜に向かって歩き出すべきかそればかりが気にかかる。

芝生の跡はすぐに消えるのだが、今回の仕事の後のそんな思いはすぐには消えそうにない。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 2

せつな

「閉じる幸せ」残間里江子著
by せつな (2015-11-13 08:49) 

つなみ

ご帰国なされていますか?
大寒波お見舞い申し上げます。
雪やらのお被害などありませんよう、ご無理などなさらずにご自愛くださいませ。
また来ますよー(*´∇`*)ノシ
by つなみ (2016-01-25 16:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。