So-net無料ブログ作成

Facebookと旧友 [New York]

newyork1.jpg

New York 1990

今週ニューヨーク時代の上司と飲んでいてお決まりの昔話。大昔のことだから今とはいろいろなことが違った。1990年ころは日本人社会はバブルの余韻が残り、アメリカは不況の最中。そのうち湾岸戦争が起こり景気もさらに悪化したし戦争状態ということで緊張した。楽しくもあり大変なことも多かった。話は当時の同僚の話になり、その頃一緒に仕事をしていたアメリカ人の同僚を思い出した。アメリカのこととて彼は転職を重ね、こちらも忙しく、いつしか交換していたクリスマスカードも何年も前に絶えた。

昨日暇だったので、彼の名前をFacebookで検索してみた。同姓同名が20人以上もいたが、彼は自分の写真を貼り付けていたので友人を発見できた。それでメッセージを送ったらすぐに返事が返ってきた。

転職をいくつかした後、仕事の傍らボランティアとして両親を殺害したとして服役している人の冤罪を晴らし再審を求める運動をしていたらしい。アメリカではずいぶん話題になった事件だそうだ。その事件にウエブなどのコミュニケーションでサポートして、無事再審が行われ釈放された後、弁護士協会のコミュニケーション・ディレクターになったそうだ。 ともかく元気にしていることが分かった良かった。

Facebookが無ければまた連絡を取り合うことができなかったかもしれない。便利な世の中になったものだ。Facebookは登録ユーザー数が6億に達する勢いで、アメリカ人のかなりの人が登録をしているはずだ。MIXIが2000万人登録があるとしても実名登録は少ないので、古い友人を発見するのは難しい。もっともFacebookではそのプライバシー保護の規約が問題になっている。

ソーシャルネットワークサービスはたくさんあり、Twitterが目下話題だが、私のその友人のようにFacebookをTwitterのようにこまめに書き込んでいる人もいる。YouTubeのような共有サイトは昔の曲とかちょっと聴いてみたい時に便利だし、LinkedInのようにビジネスマンが仕事を探すために必須になっているサービスもある。日本にもいくつかあるがアメリカのようには使われていない。アメリカは広大で転職や転居などの移動が多く社会の断片化が進んでいるからネットワークの必要性がある。しかし日本ではアメリカのように転職や離婚による転居も少なく、まだまだ地縁や職場といった関係の中で生活していることが多い。なのでネットワーク上に関係を作る仕組みが必要になるニーズは少ないのかもしれない。なので日本にあるのは匿名の責任も実態もないネットワーク。日本もいつかアメリカと同じ状況になるのだろうか。どちらが健全なのだろうか。


nice!(14)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

New York 1990 #2 [New York]

ny1990 (5).jpg

休み一日で年賀状終了。なかなか順調だ。掃除はこれからだが引っ越し荷物の整理も終わっていないのでこれは越年決定。暖かな日差しで散歩も終わり、休憩してから掃除だ。

ニューヨークの続き。最初はSoho辺りのWest Broadwayか。遠くにツインタワーが見える。94年に小規模なテロ騒ぎがあり、オフィスからツインタワーの上に煙が上がっているのが見えたが、その7年後にあの事件が起きた。

West Broadwayは当時からおしゃれなエリアで、ちょっとおしゃれなブランドが店を出していた。確か、コム・デ・ギャルソンも最初ここに店を出した。レストランも高級から普通までちょっとおしゃれな店がいくつもあり、"Bright lights, Big city"のジェイ・マキネイが良く来る店というのがあり何度も行ったが一度も会わなかった。

ny1990 (4).jpg

 ニューヨークの街でアメリカらしいと思っていたのは赤いレンガのビルの壁面にいろいろな看板がある風景。この47th. Photoは当時はカメラとPCなど電気製品で有名だった。

ny1990 (3).jpg

Macy'sの前の広場に面したニコンの広告。赤目防止が当時は新しい技術だったのだろう。

 さて、掃除、掃除。


nice!(36)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

New York 1990 #1 [New York]

ny1990.jpg

今週も忘年会が続いたが今日は中休み。かろうじて日付が変わる前に帰ったが風呂からでてテレビをつけると、NHKで第二次世界大戦のフィルムを着色した映像で構成した番組をやっていて結局遅くまで見てしまった。しかし、我が家の犬型目覚まし時計はいつも通り6時には音を立て始めるので短い睡眠ながら起きてしまった。

散歩から帰ってニューヨークのフィルムをスキャンしてみた。保存状態が良くなかったために埃やフィルムの劣化で、程よい荒れと遣れ感が出ていてこれはこれで昔と言う雰囲気がある。ほぼ4本のポジがあって整理されていないので、適当にスキャンしてみた。最初の写真はTriBeCaのレストラン。トライベッカは当時寂れたダウンタウンだがポツポツと新しい店が出来始めていた。この時にはまだロバート・デ・ニーロのレストランはまだない、もう少し後と記憶している。(その記憶が当てにならないことが多いのが問題だが)このあたりは20世紀の終にはおしゃれな街に変わったが、当時はまだ寂れた通りが多かった。家人が始めたステンドガラスの店がその寂れた街角にあって何度か車で出かけて手の切れそうなガラスの板を買ってきたことを思い出す。 その店のある通りはまったく店もないような倉庫街で車を停めるのも少し不安だった。当時ステンドガラスの材料の手作りのガラス板をたくさん売っている店はトライベッカとニュージャージーのパターソンという車で1時間くらいの街にしかなかった。

ny1990 (1).jpg

これはSohoあたりのダイナーか。よく覚えていない。映画などでよく見かけるダイナーにはあこがれがあっていくつも行った店があるが、この店には入らなかったと思う。

ny1990 (2).jpg

これはHoustonだろう。綴りは同じで南部の都市はヒューストンでこちらはハウストン。 Gapの広告があるが、アメリカに行って思ったのはニューヨークだろうとどこだろうとGapの店が数ブロックごとにあることだった。80年代後半には日本でも有名だったが、それほどの数があるとは思ってもいなかった。大量生産とチエーン化はアメリカの得意技なので、90年代中頃にスタバが蔓延したのと同じような症状で、Gapがはびこっていた。それはこんな写真からも分かるし、今も続いている。日本のユニクロも隆盛とはいえ、あそこまで店舗数を拡大してはいない。次々買い物して所有する際限のない欲望という現代人の慢性病は、いつの頃かアメリカで始まったがこの頃にはGapという形でアメリカに取りついていたのだろう。(別の細菌に感染してして中古カメラ屋めぐりをしている私に言われたくないだろうが)


nice!(43)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。