So-net無料ブログ作成
プラハ ブログトップ

カレル橋 [プラハ]

prague13.jpg

暑い土日だったが暗室三昧。テレビの前もPCも前にも座ることなくプリント。結局土日の食事と睡眠以外のほとんどの時間をプリントに費やした。今回はバライタだけで焼いたので洗浄や乾燥に一苦労。でも出来上がると黒の深みに感動する。引伸ばし機のMとYのダイヤルをいろいろ試したので、真っ黒や真っ白のプリントになったので、印画紙を小さく切ってテストピースを作ってテストを繰り返したので時間がかかったのだ。

土曜日に焼いたプリントは日曜日にドライマウントプレスを使って平らにした。RC紙というレジンでコートしてある紙は、要はプラスチックのようなものだから、洗って乾燥しても、しわもないし曲がってもいない。しかし、バライタ紙は間違えて洗濯機に入れた紙のように曲がって皺だらけ。これをズボンプレッサーのようなもので熱を加えながら平らにする作業が必要だ。結果はなかなか感動的。

でもクーラーもないガレージ暗室で汗びっしょり。時々クーラーのある部屋に戻ってTシャツを着替えてとやっていたが、何枚も着替えたTシャツは汗で重いほど。さすがに疲れた。

写真はプラハで最も有名なカレル橋。橋の両側は聖人の像が飾られている。旅行に持って行って読んだ プラハを歩く (岩波新書) 田中 充子氏 よれば、広場とは像に囲まれた場所のことであって建物に囲まれた場所ではないということだ。なので、ローマなどの広場の周辺には必ず像があり、その像が彫られた壁を支えるために建物があると書かれていた。本当かなとも思うが、なので著者は、聖人の像で囲まれたカレル橋も広場だと言っている。昼間は一度だけしか行かなかったが大道芸人などがいて、人が集まって広場そのものだ。あまりの人ごみに最初の日に行ったきりで、その後は早朝に散歩したきりだ。

この新書は建築の博物館と言われるプラハの歴史と建築の話が書かれていて面白かった。思いだそうとすると良く分からないことが多いので、もう手元にないのだがもう一度手に入れようかと思う。

暑い7月も今週までだが、まだ8月がやってくる。

prague15.jpg

プラハを歩く (岩波新書)

プラハを歩く (岩波新書)

  • 作者: 田中 充子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 新書

nice!(23)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

まだ時差ぼけ [プラハ]

prague13.jpg

帰って一週間たつがまだ時差ぼけ気味。サッカーやテニスがあって時差ぼけだから遅くまで見ていたから治らない。夜の9時前後と朝がすごくつらい。今回のように後をひくのも珍しい。

プラハでは朝が早い以外は特に普通だったが寝たい時に寝て、飲みたい時に飲んでいたから時差ぼけという感じがしなかった。歩いて写真を撮って休んで本を読んでビールを飲む。朝起きたら会社へ行ってという生活でないから時差ぼけを感じなかったのだろう。

帰る時にガイドブックを捨ててきたので街の名前は確認できないが、この写真を撮ったエリアが一番好きかも知れない。おしゃれな建物ときれいなレストランなどが並んでいる。それでいて土産物屋などがあまりないのが良かった。

昨夜は土砂降りの雨に降られたがすぐに上がって、結局傘は要らなかった。それで今朝は朝から青空だ。梅雨は明けたのだろうか。


nice!(17)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フィルムの値段 [プラハ]

prague12.jpg

フィルムカメラも持って行ったがフィルムはたくさん持って行かなかった。それは、ヨーロッパにはモノクロのフィルムや印画紙のメーカーが何社もあり、デジタル化も日本ほど極端ではないので、フィルムは簡単に買えるだろうと思ったからだ。

でも、日本と同じようにモノクロフィルムは専門店でないと買えないし値段も日本よりはるかに高かった。滞在中に何度も行ったFOTO SKODAというカメラ専門店には各種のフィルムがそろっていた。普段使っているコダックのT-max400ブローニーは128コルナだったので、滞在中の交換レート(1コルナ=4.35円)だと、557円。これは日本だと290円なので相当高い。二倍近い値段とは信じられない。最近時々使っているイルフォードのブローニーHP5プラス400は123コルナなので、535円。これが日本だと480円。フィルムが高い。

何本か現像もしたがこちらは1本当り100コルナなので435円。現像はプラハの方が安い。これは人件費が安いからだろうか。

一般的に食事などの値段は安いのに対して、衣類などの物の値段はプラハは日本より高いように感じた。フィルムの例だけでいうとヨーロッパ域内のものよりアメリカなどのものが高いのかもしれない。何も買わなかったので詳しくは分からないが。

写真は、ヴァーツラフ広場。広場の周辺には19世紀末から20世紀初頭に建てられたアール・ヌーヴォー様式の建物が何棟も並んでおり、美しく調和がとれているように感じた。 ヴァーツラフ広場だけではなく、プラハのどこに行っても各時代の様式の建物が残されており大変美しい街並みだ。プラハが建築の博物館と言われるだけのことはある。これは、一つには山の向こうのドレスデンが連合軍の無差別爆撃で街全体が瓦礫の山となってしまったことと対照的に、過去に大きな破壊にあわなかったという幸運のもたらした結果だ。それから、ヨーロッパの中心にあり時の権力者がこの街を支配の拠点として利用して開発を行ってきたということもあるかもしれない。

各様式でも特にキュビズムはチェコで独自の発展を遂げ、絵画だけではなく家具や建築にも適用され、現在でもいくつもの建築物がみることができる。実際、チェコに行くまではキュビズムのチェコにおける発展のことをまるで知らなかった。(これだけではないが)これはよそでは見ることができない建築だ。

--------------------------------------------------------------------

「思いこみ」の記事のプラハの春の際に焼身自殺をした大学生に敬意が払われていないのではないかということに対し、上海狂人さんからコメントをいただきました。今でも花は捧げられ、忘れ去られてはいないということでした。それはナチスの総督の暗殺者たちに対しても同じで、隠れていた教会にも花が手向けられているということです。

それで思い出しましたが、「ダンシングビル」を見に行く途中の教会にすごい量の花束が教会の壁のパネルの前に積み重ねられいましたが、あれがそうなのでしょう。

 


nice!(17)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

思いこみ [プラハ]

prague11.jpg

 ヴァーツラフ広場はプラハの新市街の中心にある。広場が造られたのは14世紀だが、周辺の建物は19世紀末から20世紀初頭に建てられたものだそうだ。なので新市街と言っても古い街でもある。

この広場で重要なことが何度も起こっている。ヴァーツラフ(後のカレル1世)の騎馬像が広場の端にあり、その後は国立博物館だ。クーデルカのプラハの春の時の広場を写した写真の遠景に見えるのがこれ。つまり彼は広場の反対側からあの写真を撮ったわけだ。

広場というより細長いので幅の広い通りにも見える。パリのシャンデリデにも例えられるが、こちらの方がずっと鄙びている。しかしパリのあの通りで事件が起こったようにここでも歴史的な出来事が起こっている。広場のカレル1世の像の前で1918年にチョコスロバキア共和国の建国が宣言された。それから、1968年のプラハの春の際にはこの広場をソ連を中心とするワルシャワ条約機構軍の戦車が侵攻してプラハの春を終わらせた。そして1989年のビロード革命もここから始まった。

騎馬像の前には建国を記念して1918の年号が刻まれているし、プラハの春の際にソ連の暴挙に抗議して焼身自殺した大学生のパネルも像にはめ込まれている。

最初にこの広場をタクシーで通りかかった時に、像の前のキャンドルや花などが眼に入った。42年経った今も自殺した学生を忘れないで、ここにキャンドルを灯し、花を供えてプラハの春のことをチェコ人は思い出しているのだと感激した。プラハに思い入れがあって来ているわけでプラハの春の事件は私にとっては大きなテーマだから何の疑いもなくそう思っていた。

何日か目に歩いてこの場所まで来て、king of popの写真があるので一瞬不思議に思った。プラハの春とマイケル・ジャクソンはどんな関係があるのだろう。何枚か写真を撮って思い当った。一周忌だ。キャドルや花はマイケルのためのものでプラハの春の時の大学生は何の関係もないのだ。

ちょっとがっかりして拍子抜け。やはり42年の年月はプラハの春を遠い歴史にしてしまったのだ。 頭の固い私のこと、自分の眼鏡を通してしか出来事を見ないからこんなことになるのですが。思い入れが強すぎると無いものですら見えてしまう。


nice!(20)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

とりあえず無事 [プラハ]

SDIM2096.jpgSDIM2101.jpg

滞在最後の日。明日は朝から帰国。結局、フレクサレットは買わなかった。かわりにチェコの写真家の写真集を3冊買った。重いのはいやなので小さいサイズのものを。それにしても世の中知らないことが多すぎる。私がものを知らなさ過ぎるのか。一人で旅行していろいろなことを知ったり思い出したり。家族に感謝しなければ。

火曜日の朝、到着予定。


nice!(14)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

プラハ [プラハ]

prague2 (1).jpgprague2.jpg

昨日の後またチェコに関連することを思い出した。ヨドバシの印画紙のコーナーでアウトレットになっていた、見かけない青いパッケージの印画紙を昨年買った。見本の感じも悪くなかったし、パッケージが汚れているという理由だけで安くなっていた。これが、チェコのFomaというブランドの印画紙だった。その後、アウトレット品がある度に買っている。これが、もうひとつのチェコとの関わり。それから自分にはあまり関係なかったが、オバマ大統領が歴史的な核廃絶の演説をしたのがプラハ。Youtubeで見たがプラハである理由はあまりないが、たまたまプラハだったのだろう。プラハの春に関連した件があるが、これは話の作り方。でも、プラハかと、その時も思った。その後、ノーベル平和賞をもらって、このプラハ演説は歴史になった。

さらにチェコとの関わり。ビールを飲むのが好きだが、日本で普通に飲まれているピルスナーというタイプのビールは、チェコのピルゼンという場所で発明されたそうだ。「ピルゼン」というビアバーが昔、銀座にあってよく行っていたが、ピルゼンという名前が、当時チェコスロバキアの都市の名前だと聞いた。そういえば、昼食や残業のご飯を、そこで食べていたが、食事にビールは当たり前の時代だった。ずいぶん昔だ。「ピルゼン」はいつなくなったのだろう。今は交詢社のブランドもののビルになっていて私など縁がない。

旅行をするといつも忘れ物をするが、今回の忘れ物はカフカの「城」。長い小説なので暇つぶしにと思ったが家に忘れてきた。そもそも、プラハでピルスナーを飲みながら「城」を読もうと思っていたのだが。

一人暮らしもしているが、一人になると家に帰りたくなる。今回の旅行も明日まで。 早く帰ろう。便は変えられないが。


nice!(22)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

来たかった理由 [プラハ]

SDIM2118.jpg

目的地に到着。最近乗ったこともないような小さなプロペラ機だった。チェックイン後、街をぶらついて川のほとりのレストランで読みかけの本を読んでいた。10時まで明るいので9時過ぎまで字が読める。おかげで日本代表の歴史的な試合を見られなかった。こちらでは放送もないだろうが。

ここに来たかった理由を考えてみると、引き金は一昨年、ドレスデンに行ったとき乗った列車の終着駅だった。後から、ドレスデンとは山ひとつ隔てた場所だと知った。エルベ川は支流でこの街の川とつながっていることもその時知った。私の地図では東欧圏は地の果てで地理感が働かない。

列車の終点は引き金だが、理由はたくさんあるようだ。思いつくまま書くと、

■クーデルカ

好きな写真家のヨゼフ・クーデルカはチェコ人でプラハの春の時のソ連の侵攻の写真が有名。

■Hope dies last.

プラハの春の連想ではドプチェクの自伝は読んだことはないがタイトルが好きだ。「希望は死なず」と訳すのか。クーデルカの写真や映画などからこの時の出来事や背景を知るにつけ、この本を読まねばと思っている。この街の本屋なら英語版でも売っているだろうか。その後のビロード革命までつながる歴史を考えると興味がひかれる。ただし、ドプチェクはスロバキア人だから今なら隣の国の人だ。

■存在の耐えられない軽さ

また、プラハの春の連想。もう20年前の映画だが、プラハの春が舞台だ。

■万博のチェコスロバキア館

映像と実演を融合させたパーフォーマンスは子供だった自分にも驚きだった。あのようなものをその後も見たことはない。

■フレクサレット

最近買ったカメラ。チェコスロバキア時代のカメラ。チェコはもともと技術力に定評があり、この技術力を手に入れるためにナチスドイツはチェコを併合したそうだ。西側はこの時、チェコを見捨てナチスの横暴を許した。フレクサレットを作った光学会社はナチスのために戦争用のレンズなどを生産していたようだ。

このカメラがきっかけとなってチェコの歴史と文化について読んだりした。多分これが最近の大きなきっかけ。

カフカ、ミュシャやスメタナとかいろいろあるが、決め手になったのはフレクサレット。フレクサレットの故郷を見ようと思ったのが理由だろうか。

中古カメラ屋にも行ったが、フレクサレットが大量に売られているかと思いきや、片隅に数個ひっそると。後はニコンやキヤノンやミノルタだ。故郷でも忘れ去られる段階か。

フイルムカメラも持ってきたがフィルムはいくらでも買えるだろうと思ってきたが、なんと値段が高い。食品やビールなどは日本よりはずっと安い。コーヒーやビールがカフェで250円程度で飲める国で、モノクロのフィルムは1本700円もする。ヨーロッパのブランドでも、コダックでも日本で買うよりはずっと高い。この国でフィルムカメラを使う人はお金持ちのようだ。持ってきたフィルムを大事に使って帰ろう。それから、もう一台フレクサレットを検討か。安いのならビール10杯分だ。

 


nice!(20)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
プラハ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。