So-net無料ブログ作成

独立ならず [London]

Battersea.jpg

今朝、住民投票の結果が出て、スコットランドの独立は否決された。結果は45/55ということでかなりの接戦だ。去年の滞在中にこの住民投票のことを読んだのだが、実現しないだろうと意味もなく考えていた。それは成立してから数百年もたつ近代国家が簡単に分裂することはないと思っていたからだ。戦後の歴史でもごく最近の冷戦終了後の歴史でも実例はいくつかあるがイギリスのような安定している国では成立しないと思っていたからだ。

それが、ここに来て世論調査でも地元の人の話でも十分に可能性があると聞いていて結果を待っていた。新しい国家の誕生を独立される方の国の首都で経験することは珍しい体験だったかもしれない。今週はずっとニュースでも賛成派、反対派ともに激しい口調で演説することが報道されていた。1707年に同じ国になったということで日本で言えば江戸の中期のことだ。どの国にも少数派がいる訳だが、300年もたってから独立を求めるということは驚くことではないのだろうか。生まれた時から文化的な影響は残すものの日本という国が前提と考える多くの日本人には不思議なことだろう。少なくとも私はそうだ。

否決されたとは言え、たった6%の投票の行方で変わる訳で、これで収まるとも思えないし、ロンドンの政府も今後の対応が変わってくるのだろう。

会社の同僚と話していた時に、同僚の一人が言ったのは、スコットランドが独立したら国の名前を変えなければいけないというのだ。 イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」だが、このグレートブリテンという島はスコットランドが含まれているからグレートブリテンは使えなくなるので名称の変更が必要になるということだった。少なくとも昨日までは新しい国の誕生と今の国の体制変更を現実のこととして多くの人が考えていたが、それは当面は終わったということだ。ただし、これはまだまだ続きがあるし、どの様に生きていきたいかという人間の欲求に終わりはないということだ。


サーカスに売られます。 [London]

london11.jpg

毎日雨が続いて涼しい日が続く。雨と言っても広島のようなことはない。日本のように近代化されインフラにもそれなりに資金が投入されている国であのようなことがおこることが理解できない。誰の責任なのか。それとも想定外のことで責任は問えないというのか。

ロンドンで見かけたた看板が面白かった。「警告 付き添いのいない子供はサーカスに売られます」 頼んだビールをカウンターで待っている時に気がついた。これを写真に撮っているのを見た子供連れの人が笑いながら「うちの息子はこれを見ておびえている」と話しかけてきた。こういうユーモアのセンスは面白い。

子供の頃に、子供に言いつけを守らせるための脅しとして、人さらいにさらわれるとか、サーカスに売られるという言葉を聞いた気がするが 今はそんな言葉は使わない気がする。子供は早く成熟してそんな脅しでは驚かない知恵を早くから身につけているからだろうか。サンタクロースが信じられないような子供時代というのも味気なく感じるのは私が旧世代に属しているからだろうか。


テムズの氾濫 [London]

themes.jpg

先日行ったロンドン郊外の街は南側にテムズ川が流れていてその川の周辺の散歩は気持ちよいものだった。ただ、夕方には写真のように川が溢れて道路が冠水していた。地元の人に聞いたらいつもではないということだったが、道路には冠水する可能性があることが書かれたサインがあった。

この時はちょうどスーパームーンの週だった。 いつもではないにしても大潮の時にはきっと水がでるのだろう。スーパームーンの影響でよけいに大潮の可能性もあると思った。

日本だったら堤防を高くして水を防ぐかもしれないが、堤防もないし橋も水の影響を受けるところまでしかない。きっと毎日のことでないのなら、不必要な景観を損なうものを作らずに水とともに暮らすことを選んだ結果のような気もした。治水は古来より大きなテーマだが、戦わずに共に暮らすことを選んでいるイギリスのやり方も参考にすべきかと思った。


ロンドン郊外 [London]

london1401.jpg

今回の出張はいつものロンドンの町中ではなく、30分ほどの郊外。だからヒースローについてタクシーで20分ほどで到着。小さな街で住宅がたくさん並んでいる。ちょっとしたダウンタウンがあり、そこに食事に出かけていた。そのダウンタウンの南側にテムズが流れていて、川縁を朝晩に散歩した。水のそばに住むのは心地よいと思った。

土曜日の炎天下の強行軍の影響で疲れていたので午前中に自転車で1時間ほど汗を流した後は午後は昼寝。大きな雷の音で目が覚めた。


ブラウンホテル [London]

london12.jpg

前に書いたユーミンの「時のないホテル」のジャケット撮影をしたブラウンホテルの表側。派手なライトアップで何のビルかと思ったら、ブラウンホテルだった。 赤い色というのは落ち着かないので早く帰ってほしい店などで内装に使われると聞いた気がするが、外のライトアップなら関係ないか。

それにしても昼間のシックなイメージのデザインからは信じられないくらいの色だ。時々通る道なので、いつもこうでなかったからこの日は何かのイベントかあるいは毎日のライトアップではないのかもしれない。

落ち着いた色合いとデザインのロンドンの街並みではちょっと目だったので写真を撮ってみた。 この日ではないが、酔っぱらって写真を撮っていたら、自動小銃を持った警官に何を撮っているか質問された。フレンドリーな感じで威圧感はなかったが、その自動小銃に恐怖を覚えた。撮っていたのが、たまたま大使館の門で、大使館を警備している警官だった。フィルムカメラだったのでフィルムの話をちょっとした。特に問い詰めるとか、やめろとかそんなことでもなくちょっと聞いてみたという感じで職質ということでもなかった。

40年近いむかしベニスで警官に銃を突きつけられたことがあったが、その頃は日本赤軍が世界中で問題をおこしていたから日本人というだけでテロリストと疑われたのだと思うが、あの時は本当に怖かった。銃器というのは身近にあるだけで、恐怖感を感じるものだ。日本ではあんまり見かけないから、そこが日本の良い点のひとつだ。


ピンクフロイドの発電所 [London]

powerstation.jpg

久しぶりの休みの週末で雨も降っているので出かけられず、PCのデータ引っ越しの準備をした。XPのサポート停止ということもありデスクトップを買い替えたのだ。携帯や出張用のノートPCに合わせてMacにした。これで一台あるThinkPadを除いて家のパソコンはAppleに戻ってしまう。仕事のために家でWindowsを買ったのが1997年だから16年ぶりに常用がすべてAppleになる。その前はMacで10年近くで何台か使っていた。注文はしたが、HDDを選ばなかったりしたので納品されるのはもう少し先なので、今週はデータを外付けのHDDに移している。

問題なのはWindowsとMacではHDDが共用できないから、残っているThinkPadを使って、今回買ったネットワークサーバにデータを移して、再フォーマットだ。でも容量が多いのは写真のデータで、これからはそう量も増えないとすると(フィルムが中心だから)、Flickrに写真を保存することになしたので、クラウドストレージを使うにしても大した容量は要らなくなる。Flickrは今年、1Tまで使える容量が増えたので保存はすべてFlickrにすることにしたのだ。すでにいくつかのアカウントを使っているので、そのうちの一つを保存専用でプライベートに設定している。Flickrに写真のデータを保存するととたくさんある家のHDDは出番がなくなるが、バックアップデータを溜めておくことになるのだろうか。

PCからデータをコピーしているのだが、なかなか時間がかかる。その中には今年のロンドンの写真も結構あった。今日の写真は、ピンクフロイドのアルバムに使われた発電所だ。週末は暇なので美術館かギャラリー巡りをしていたが、サーチ・ギャラリーに行った時に、ふと思って携帯の地図で確認したら比較的近くなので歩いて行った。思ったよりは遠かったがともかくたどり着いた。こういう時はGPSは便利なものだ。写真はアルバムに使われているのとは逆の方向の気もするが、反対側まで歩いていく気力は残っていなかった。この写真を撮ってバスに乗って帰ってきた。これの現物を見ただけで今年のロンドン出張の収穫があったということにしておこう。


ユーミン「時のないホテル」と30数年の年月 [London]

London (6).jpg

ロンドンの朝の散歩の途中で花の配達のバンの写真を撮った。水平が取れていなかったのでもう一度撮り直して確認のために液晶をみたら、Browns Hotelの文字に気がついた。その瞬間に30数年前の夏の日に戻っていた。

大学生の頃、夏に毎年、車で旅行した。その年は友人の車で北陸から長野方面に旅行したのだった。友人の車なので運転は主に友人で自分はサブ。同様に音楽の選択権も友人にある。そんなことで、その夏の10日間ほど朝から晩までユーミンを聞くこととなった。勿論ユーミンは知っているし音楽お聞いたことはあった。

中学生の頃から当時流行のフォークソングも聴いたりしたが、はやりメインストリームは英国ロックだった。ユミーンは大学生になって林美雄パックでよくかかっていたから「ひこうき雲」とか知ってはいた。まだ当時は後の超メジャーではなくメジャーなシンガーソングライターだった。この言葉ももう死語か。ともかくその夏に当時出ていたアルバムをすべて朝から晩まで聴くことになった。初めはどれも同じだったが、だんだん区別がつくようになって旅行から帰る頃には一人前のファンになっていた。と言っても気取っていたので好きな音楽はと聞かれてもユーミンとは答えなかった。ボブ・ディランだったり、ニールヤングだったりムーディブルースとキングクリムゾンとか答えていただろう。ビートルズやローリングストーンズとも答えなかった。メジャーが嫌いなのだ。

まだ若くて元気だったから行き当たりばったりの旅行をして行き先も決まっていないし宿のあてもなかった。夕方になって目に着いた街でモーテルとか旅館とかに泊まって旅行していた。どこかにその時に撮った写真もあるはずだが、もう何十年も見ていない。ずっとそんなことも忘れていた。なぜ、その旅行を思い出したか理由は分からないが、ロンドンの暗い空との対比で明るい日本の高原の夏を思い出したのだろうか。あてもない気ままな旅行を求める、仕事に追われる日常からの逃避なのだろうか。

「時のないホテル」は実際にはそれから何年かして就職してから、ユーミンのレコードとかコンサートに関係するようなことになった最初のアルバムだった。それでこの「時のないホテル」とはBrowns Hotelと知っていた。それが毎朝のように歩いている通りにあったとその時に初めて気づいたのだ。この瞬間までユーミンもBrowns Hotelも考えたことがなかった。実際には、こちらは裏口でだから花屋の配達が来ているのだが、その方が自分にはふさわしい。

「時のないホテル」の少し後の「昨晩お会いしましょう」はイギリスのデザイン会社のヒプノシスによるものだが、80年代の前半はユーミンはイギリスに向いていたのだろう。確かにカリフォルニアという感じよりもロンドンが似合う気もする。中でも「時のないホテル」は多分一番好きなアルバムで、最近は聴いていなかったが久しぶりに聴いても良い曲ばかりだ。

大学時代の夏の旅行から始まったユーミンブームは、80年代の仕事のかかわりでピークを迎え、80年代には仕事やプライベートで大抵のコンサートに行っていた。そして80年代の終わりにアメリカに行ったから彼女の円熟期であり一般的な人気のピーク(と思う)80年代後半から90年代のほんの最初だけ経験したのだった。最後にコンサートに行ったのは10年ほど前に代々木オリンピックプールが改装された体育館だ。それは家族で行った。それ以来持っているCDもめったに聴くことも無くなっていた。

あの朝以来、時々CDを聴いて今朝も「時のないホテル」を聴いているが、思い出すのは昔のことばかりだ。

 


風力発電 [London]

windpower.jpg

ロンドンに行くには素直に成田発の直行便に乗れば良いのだが、便利な羽田発は、夜中の出発で日中が有効に使え、しかも到着すると朝なので到着後も仕事に便利だ。唯一の羽田発のロンドン便は、BAだが、夕方に出発なのでメリットのひとつがない。日系の場合にはどこかに経由することになる。ANAはフランクフルト経由でJALならパリ経由。2度ほどフランクフルト経由で行ったのだが、朝の4時頃にフランクフルトに着いて、ちょっとシャワーを浴びてロンドン便に乗り換えて朝の8時にロンドンに到着。ホテルに寄って会社に行くとちょうどよい時間だ。

ロンドンに朝早く下りるので低い太陽が地上を照らしていて美しく見える。テムズ河の湾曲が興味深い。その少し前、ドーバー海峡からイギリスの陸地が見える頃にたくさんの風力発電のタワーが見える。私の視力では風力発電の羽根は見えないのだが、規則正しく並んだタワーは良く見える。ドーバー海峡は大陸棚だからきっと浅くて船の航行に支障をない場所を選んで建てていると思われるがすごい数だ。

 調べてみると簡単に見つかった。Thanet Offshore Wind Farmというらしい。2010年9月の完成で100の発電タービンが回っていて、300メガワットの発電ができ、20万世帯へ1年間の電力供給が可能なようだ。費用は9億ドルということだが、900億円か。福島第一原発の1号から6号まで全部合わせて5059億円かかったということなので、それよりはずっと小額だ。発電量も福島第一が4.696メガワットなのに比べると圧倒的に大きい。どこか資料の見方が悪いのだろうか。ちょっと考えるとThanet Offshore Wind Farmの発電量は年間で福島第一は1時間だとすると、年間の8760時間で割らなくてはいけない。とするとThanet Offshore Wind Farmの出力は3.42キロワットで福島の0.7%程度ということになる。そううまくは行かないものだ。風力発電をもっと作らないと原発には追い付かないということになる。運営しているVattenfallのサイトから写真も借りてきた。これを海上から見るときっと壮観だろう。

370x180_thanet_19425317.jpg

なんか日本でもできそうな感じだが、浅瀬で漁場として邪魔にならない場所というのは難しいのだろうか。ともかく数が必要だから、良い場所はないのだろうか。


ロンドンの雨 [London]

street26.jpg

ロンドンは降水量が少ないような気がした。理由は雨の頻度は多いが、降る雨は霧雨のような雨で傘がいらないケースが多い。もちろん今年の前半に少し滞在しただけで、盲人象を撫でるような話だが、長年ロンドンに住んでいる人にも雨の様子を確認したが、みな一様に同じ返事だった。雨の降る日は多いものの降る量は少なく時間も短い。

それでwhetherbaseというサイトで年間降水量の過去の平均を調べてみたが、ロンドンは年間586.7mmで東京の年間1,520mmに比べて三分の一に近い。さらに驚いたのは雨の少ないと思っていた北京の630mmよりもさらに少ないのだ。

確かに北京は雨の頻度は少ないものの降る時は激しく降るのでロンドンよりは量は多くなるのだろう。それでもイギリスでも洪水の話を聞くが、たまにはたくさん降って対応できないこともあるのかもしれない。

雨の話だけではなく、気温も東京とは違って低く、 東京は明らかに亜熱帯だが、ロンドンは亜寒帯に属する気がする。でなければ夏が近づいてもダウンのコートを着る人はいないはずだ。


不条理劇 [London]

street28.jpg

歩いていてハロルド・ピンター Harold Pinterの劇のポスターを見かけた。ずいぶん長い間忘れていたというか、仕事のためにそんな余裕がなかったためもあるが久しぶりに名前を聞いたのは今世紀に入ってノーベル文学書を受賞したというニュースだった。それもずいぶん前のことだ。なんとなく懐かしくてネットで調べてみたら「The Hot House」という劇が上演中だった。ネットで予約して週末に見に行ったのだが、ピンターのこの劇は今までに読んだことがなかったが、あるいはそうだから楽しめた。特に不条理な展開ということでもなく、非人間的な、全体主義的な管理社会を風刺しているということで展開がまっとうでやや拍子抜け。

昔といっても大昔の私の若いころは不条理劇が流行だった。ピンターからベケットまで読んだし、そのころ好きだった安部公房のいくつかの小説や多くの劇は不条理劇だった。安部公房は安部公房スタジオという劇団を主宰していて、その事務所は公園通りの山手教会の地下、ジャンジャンの反対側にあった。チケットの受け取りとかに何度か行った。当時はチケットぴあとかネットでチケットを買うという時代ではなかったのだ。

劇場は大抵、西武系で渋谷のパルコ劇場か池袋の西武劇場だった。いつの頃から行かなくなったのか、安部公房が急死して活動が停止したからか忘れた。就職した後のは行きたくても忙しくていけなかったはずだ。

それはさておき、 Harold PinterのThe Hot Houseを見に行った劇場の Trafalgar Studiosはトラファルガー広場のすぐ近く。小さな劇場でいい雰囲気だった。驚いたのはステージが一番低い場所にあり、その後ろにも20席ほどの座席があった。それからもうひとつ驚いたのは、テレビで見たMad Dogというドラマに出ていた役者が主要人物で出ていたこと。そのドラマももうすぐ新シリーズのMad Dog3が放送されるようでポスターをどこかで見かけた。

先にも書いたように不条理劇を期待して見に行ったのにやや型どおりの管理社会批判的な内容だったので、やや残念な感じだ。というかそういうものはもう見あきたということなのか。安部公房の「友達」とか見てみたくなった。久しぶりに実家から安部公房全集を持ってきて読もうかと思う。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。