So-net無料ブログ作成

シネマパトス銀座 [Walking]

cinepathos.jpg

アメリカの大統領選挙は、かなりの接戦だったようだが、獲得選挙人数では303対206とかなり離れて見える。これは、少しでも勝つとその州の選挙人を全部獲得するからで、得票数では50%対48%だ。州によっては差が1%以下のところもあるが1州や2州の結果が変わっても全体がひっくり返るようなことにはならないだろう。ブッシュ対ゴアの時には、フロリダの結果で決まるので裁判などがあり結論が出るまでかなり時間がかかったと記憶している。あの時には、得票総数でゴアがブッシュを上回っていたから、なんとなく後味の悪い結果だった。当事者でないので関係ないし、選挙の仕組みはその可能性があっても州の独自性など守らねければいけないことも考えて作られたことだから仕方ないのだが。でも、その後の戦争などの展開を考えると、あの時のフロリダの数百票がとか考えてしまう。

済んだことは済んだことで仕方ないのだが、済んだことを思い出すこともある。銀座の晴海通りを地下で横断する構造物は昔から不思議な雰囲気がある。地下道には食堂や居酒屋と映画館があり、両側の階段の上にはなんとなくモダンな建物が建っている。実はこれを全体を差して何と呼べばよいのか分からないので、 タイトルは「シネマパトス銀座」としたが、シネマパトス銀座はこの構造物のごく一部である。

もとは、ここは三原橋という橋があり現在でも地名は三原橋と呼ばれるが、この地下道はその三原橋の橋の下に造られたということで、地下道部分の上を見上げると天井は橋のような構造物が見られる。

これが来年には無くなると聞いたので写真を撮っておいた。このそばによく行く三共カメラという中古屋さんがあるので、よくこの地下道を通りぬける。そういえば1カ月ほど前には「ナイル」のカレーが食べたくてわざわざ出かけたのだが、ナイルも近い。

まだ若いころ先輩に連れられて勤務時間中にここの映画館には何度か行った。当時は通常の映画館ではなくピンク系の映画しかやっていなかったが、いつのころからか普通の映画館になった。名前もその時にシネマパトス銀座になったのかもしれない。残念ながら地下の居酒屋さんで飲んだことがないので、来年無くなるまでに一度行きたいと思うのだが、最初にこの場所に連れてきてくれた先輩はもう何年も前に会社を去りいまは大阪住まいだ。昨年久しぶりに飲んだのだが、東京まで来てもらおうか。


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

井の頭線と銀座線とタコス [Walking]

taco.jpg

日曜日は大雨。自転車で出かけようかと思っていたが、大雨なので車も考えたが何か所も廻るので結局電車で。最初は井の頭線。渋谷で渡部さとるさんのワークショップ2Bのグループ展に。今回も同時期に過去の修了生がグループ展をやっていてそちらから見る。それから今回のグループ展の2階と3階へ。修了生も含めて今回はポートレイトが多かった。好きだっったのは、部屋の中の女性のポートレイトと通勤の途中の風景。どちらもたまたまというか、モノクロのスクエアだ。気分的に最近の自分の志向だろうか。

渋谷のルデコを出て、銀座線で表参道と思っていたら、渋谷の駅で半蔵線のほうが銀座線の3階まで登るより楽と気がついて地下の半蔵線で表参道へ。銀座線と同じホームに着くが電車の長さが全然違うことに気がつく。銀座線は古い地下鉄だから長さも短く、半蔵線は新しくて郊外まで行く東急に乗り入れているから長いようだ。

それで青学の同窓祭のタコスまでも道すがら考えたのは、井の頭線も短いし、都心に乗り入れていない数少ない私鉄で、銀座線も郊外まで乗り入れていないので、これが乗り入れると良いかもということ。渋谷駅は20年以上の長期計画で大改造されるそうだが、その中にこの接続は計画されていなかったような気がするので実現するにしても50年くらいかかりそうだ。良いアイディアだと思ったが難しいのだろう。銀座線の3階のホームを伸ばして、ハチ公の上あたりに空中の線路をを作って、2階の井の頭線までつなぐのはそう難しくないだろうと道すがら考えていた。

 大雨の中を馬鹿なことを考えて青山学院に到着してメキシコ料理の屋台を探していたら知人に呼び止められた。青学の卒業生で同窓祭に来ているということだった。考えてみると自分の出た大学の同じようなものに出たことがないので不思議な感じがした。

さらに知人に出会って場所を聞いて、雨から避難して建物の軒下にある屋台を発見した。タコスとチリを売っていたが、味見をしたタコスはおいしかった。聞くと採算度外視で作っているので値段の割においしくて当たり前のようだ。雨で人出が少なく売れ行きが悪いので当分は家でタコスだと冗談が出ていた。

頼まれた東北へのチャリティのTシャツを買って、余った金券でリンゴを買って青学をでてさらに次の目的地の知人宅に向かう。雨は止まず結局夜遅く家に着くまで降り続けた。


nice!(0)  コメント(49)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

武蔵小山の巨大アーケード [Walking]

musashikoyama.jpg

武蔵小山まで行った。いつも行く三宝カメラからほんの少し南側だ。目黒通りから曲がって行く道は、なかなか趣がある店が並んでいるので自転車でたまに出かけている。昨日は家族なので車だが、腰痛がまだ治らずブレーキを踏むために激しく痛んだ。

親戚の墓参りだが、寒さのために墓の水がたまった場所には氷が張っていてすごく寒いのだが、気のせいか光は春めいているように明るかった。

武蔵小山のそばまではたまに行くが、武蔵小山の巨大アーケードまで入ったのは久しぶり。相変わらず大きくて長い。初めて見た時は、どうしてここにこんな巨大なアーケードがあるのか分からなかったし、今も分からない。

でも、東京でも商店街はシャッター通りになっていることが多いが、武蔵小山は大丈夫そうだ。週末の午前中ということもあり、かなりの人出でかつ閉まっている店もない。巨大なアーケードの理由を考えていると思ったのは、目黒のこと。武蔵小山は目黒と蒲田の間の東急目黒線の駅だが、何年か前に南北線につながって都心からも便利な場所になったが、前は目黒に出るのが一番近いターミナルに行くことだっだ。でも、目黒は新宿、渋谷や池袋に比べて小さなターミナルで買い物の場所もないので、この沿線の買い物の中心になったので、商店街が発達して巨大アーケードができたのではということ。

墓参りを済ませて家に帰ったのだが、家族連れなので三宝カメラをまたも素通りして帰ってきた。特に欲しいものはないし、必要なものもないからいいのだ。このところ新しいデジカメがたくさん発表されているが、これも興味はない。とりあえず良い写真を撮りたいだけだから趣味としてはカメラから写真になったということかもしれない。いい傾向だ。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カメラを持って外出 [Walking]

hibiya (1).jpg

朝から良い天気なのでエルを連れて長い散歩。カメラは2台。35mmと50mm。フィルムもたくさん持って出かけた。昼食に戻ったが、少し休んでまた出かける予定。今日は天気が良すぎて陰が硬そうだ。

hibiya.jpg


nice!(10)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

神保町 [Walking]

jinbocho.jpgjinbocho (1).jpgjinbocho (2).jpgjinbocho (3).jpgjinbocho (4).jpgjinbocho (5).jpg

盛り沢山の週末終了。なるべく週末は飲まないように気をつけているのだが、このところ週末に飲む機会が多い。なので休肝日は平日ということになる。週末に飲むといのは会社関係ではないことが多いから、それはそれで面白い。毎日同じ人と飲んでいても飽きてしまうが、普段会わない人に会うのは楽しいものだ。

写真はこの前行った神保町。少なくても北京に行ってからは行っていないので数年ぶり。と言っても特に変わったこともない。源喜堂で写真集を見る。その後、用があったので小振りの写真集ということで藤岡亜弥さんのものを買う。古い雑誌で欲しいものがあったのだが、その膨大な在庫のなかから捜す勇気が無くてすぐに諦めた。

 


nice!(17)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

自由学園明日館 #4 [Walking]

jiyuu11.jpg

フランク・ロイド・ライトの名前を初めて聞いたのは、サイモン&ガーファンクルの「So Long, Frank Lloyd Wright」だった気がするし、でもその時には、Frank Lloyd Wrightが建築家ということは知っていた気がする。帝国ホテルの設計者とどこかで聞いていたのだろう。でも、その頃はどんな人かも知らなかった。

意識するようになったのはニューヨークに行ってグッゲンハイム美術館を見てからのような気がする。それで、シカゴ郊外のOak Parkにも行ったし、ピッツバーグ郊外のFalling WaterやアリゾナのTeliesin Westにも行った。残念ながらTeliesinはまだ行ったことがない。

家を建てた時にOak Parkに彼の旧居を本拠にしているFrank Lloyd Wright Preservation Trustという団体からカタログでステンドガラスと照明器具を取り寄せた。すごい送料だったことはなんとなく覚えている。 当時は財団のような名前だった気がするが今はFrank Lloyd Wright Preservation Trustという名前になっているし、前は売っていた大きなステンドガラスや照明がなくなっている。10年以上も時間が経つからいろいろなことが変わったのだろう。Trustという団体は信託基金とか訳すのだろうか。ともかく彼の業績を顕彰する団体で、主に彼の旧居を保存をしているようだ。

Oak Parkには、彼の設計した家が正確な数は忘れたが感じからすると1ダース以上もあり、有名なユニオン教会もここにある。シカゴの中心からループで30分くらいの場所なのでそう不便でもなく、アメリカの高級住宅地という感じがするのでお勧めだ。

自由学園には今回行ったので日本に現存する建物でまだ見ていないのは「ヨドコウ迎賓館」なのでそのうち行ってみよう。でも肝心の明治村の旧帝国ホテルも見ていない。それからサイモン&ガーファンクルも聞きたくなった。CDでも持っているので早速。

この項終わり


nice!(14)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

自由学園明日館 #3 [Walking]

jiyuu (5).jpgjiyuu (10).jpg

食堂と教室。食堂は生徒数の増加に対応して本来はバルコニーだったところを部屋にしてしまったそうなので、オリジナルとちょっと違うようだが、雰囲気はそうは変わっていないだろう。

自分の通った学校と比べると(比べても意味がないが)単に機能的というかデザインのない実用本位の工業製品と 芸術作品の違いのようだ。公立学校と私立学校のかけているコストや運営の違いを超えて雰囲気デザイン性は別の物のようだ。コストは重要ではあるが、画一的な工場のような雰囲気ではない学校が、デザインということに少し注意を払えば大きなコストをかけずとも今の日本でも十分実現可能なような気がするが無理なのだろうか。日本人が安価な電気製品や車だけを作っていくのではなく、より高品質なデザイン性の高いものを作れる国になっていきたいとすれば、もう少しこの学校に見るようなデザインへの配慮があっても良いのでは思ってしまう。

財政再建とか効率化などもあり難しい問題ですが。そう言う意味で、自由学園の創立者がライトに設計を依頼したことはすごいことだと思う。

この項続く


nice!(14)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

自由学園明日館 #2 [Walking]

jiyuu (8).jpgjiyuu (9).jpgjiyuu (3).jpgjiyuu (6).jpg

自由学園は見学料金が400円なのだが、600円の喫茶付きをお願いすると、ホールにある喫茶室で美味しいコーヒーか紅茶が飲める。これが実にお得。今度は池袋に行ったらお茶だけ飲みに行っても良いかと思う。

午前中、珍しく車で出かけたのだが、実に快適。温度を見ると37度になっていたが自転車で出かけるのはこの気候では不可能だ。今日はもう家で休息予定。

この項続く


nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

自由学園明日館 #1 [Walking]

jiyuu.jpgjiyuu (1).jpgjiyuu (2).jpg

夏休みに行った自由学園。池袋の駅から余りにも近くて驚いた。池袋から相当歩かなければいけないと思っていて足が向かなかったのだが10分もかからない近さ。こんなことなら、もっと前に行けば良かった。

日本に現存する建築は、自由学園と駒沢の電通のグランドにある旧林邸、それから関西の淀鋼ゲストハウスの三つの筈。

住宅地に現れる姿はまさにフランク・ロイド・ライト。帰ってくると全体の写真を撮っていなかったが、美しいプレーリースタイルで窓や柱は特徴が色濃くでていた。中に入ると細部はあちこちに署名してあるかのようだ。

最初の写真は食堂の照明で、これは完全なオリジナルだそいうだ。

この項続く


nice!(19)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新宿 [Walking]

shinjyuku.jpgshinjyuku (1).jpgshinjyuku (2).jpg

このところ新宿に行く頻度が増えた。ギャラリー廻りと、印画紙や薬品などの暗室用品の買いだしだ。フィルムの現像もビックカメラから堀内カラーに出している。中古カメラ屋は、前は東口も西口も新宿に行くたびに廻っていたが最近は避けている。もう機材を増やすのはやめようと思っているがまだwish listにはいくつか残っている。でも本当に怖いのはいろいろなきっかけでこのリストがどんどん長くなることだ。成長とは知らなくてよいことも学んでいくという側面もあるが、一度カメラのリンゴを齧るといろいろなことを知りたくなる。

ギャラリーは西口にも東口にも 駅の周辺にメーカー系のものがあるが、新宿三丁目から新宿御苑前にかけて独立系のギャラーがいくつもある。これを一度に廻るとなるとやはり自転車が便利だ。でも、この夏の暑さで新宿まで自転車で行ったのは一度っきり。ギャラリーでは御苑のそばの蒼穹舎が一番の好み。写真集もたくさん置いてあって好きな場所だ。先日初めて行ったのは、BEAMSの最上階。小さなスペースがあり、大和田良の展示が行われていた。ただしクローズドの空間ではなく、何か売り場の端で展示が行われている感じがして良くない。

北京に行っていたあたりで映画館を中心に再開発がおこなわれ、良く行っていた古い映画館は姿を消して、きれいなビルに変わって雰囲気が違う。と言っても前ほどは映画も見ていない。見たいものがまれにしかないということでもある。

今週はおとなしくしているのだが、今日は金曜日。しかも13日の金曜日。誘惑を振り切ってこれるか問題。来週にかけて休むから本を買いこんであるので今日から読み始めることができるかどうか。 最近の傾向では金曜日に飲み過ぎて日曜日のほとんどを無駄にしている。今週こそ有効に使えるようにと朝は書いておこう。


nice!(14)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。