So-net無料ブログ作成
検索選択

Songs of innocence [音楽]

写真.jpg

先日、無料でダウンロードしたU2のアルバム「Songs of innocence」を聞きながら歩き回っている。U2のアルバムはほぼすべて持っているが最近は聞いていなかった。知らない街を歩きながら続けて聞いていると、好きな感じもあるからだが、もっと好きになってきた。しばらくこればかりになりそうだ。 AppleはU2にいくら支払ったか分からないが、いいプロモーションだな。これを聞くたびにAppleを思い出す。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ハリケーン・カーターが死んだ [音楽]

img237.jpg

数日前にガルシア・マルケスが亡くなったが何か書こうとしているうちに日がすぎてしまった。大学生の時に「百年の孤独」を読んだが、この作家が今まで生きていたとは知らなかった。時間ができたら他の作品も読んでみなければと思う。

それでルービン・ハリケーン・カーターである。まさかこんなに早くと思ったが76歳だそうである。20年以上にわたって冤罪で刑務所にいたが、多くの支援者により冤罪は晴らされた。この事件を知ったのはボブ・ディランの歌「ハリケーン」で歌にも出てくるように十分な証拠もなく、黒人というだけで全員白人の裁判員により有罪にされた。アメリカの60年代には当たり前の話しだし、日本の袴田事件も同様だ。少し事情が違ったのは ハリケーン・カーターは世界チャンピオンがもうすぐの有望なボクサーだった。彼の才能を惜しんだ多くの人が支援を始め、それがディランの耳にも入り、あの曲を作ったのだ。

まるで見てきたようなリアリズムと畳み掛けるようなボーカルがハリケーンの運命を語る。イントロを聴くだけで緊張感を感じる曲だ。曲は大ヒットしたものの実際にハリケーンが釈放されるまで曲のヒット以降だけでも10年以上はかかっている。

ディランは初期にはプロテストソングの王子で、時代の代弁者と知られていたが、次第にそのようなラベルに耐えきれず、社会的な問題を歌うことはさけてきたように思う。それが一転、あの曲である。よっぽどこの事件に対しての憤りを覚えたのだろう。

釈放されて映画にもなったし彼自身も冤罪に悩む人を支援する仕事をしていたそうだが、どんな風に思っていたのだろうか。世界チャンピオンにもなれた男。曲の歌詞にも出てくるが、苦しかったことだろう。それでもディランが作った曲だけではなく、忘れ去られない人物となったことは間違いない。たとえマルケスのようにノーベル賞をとっていなくてもアメリカの闇と光を体現する人物としてこれからも記憶されるだろう。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

72歳のボビー [音楽]

bobdylan.jpg

4年ぶりのDylan。なぜか前回よりも若く見えた。帽子を今回はかぶっていなかったからかどうかは分からない。前回は一曲だけ弾いたギターはなく、ボーカルとピアノ、ハーモニカのみ。それで言えば前回はピアノではなくオルガンだった。

音楽はボーカルも良く、乗りが良いバンドで楽しめた。これなら若いファンも多いのも分かる気がする。新しい曲が多いのか知らない曲が多かったがそれでも楽しかった。それで新しいアルバムを買ってみようかと考え中。

でも、アンコールの1曲目のAll along the watchtowerでは大感激。好きな曲のベスト3に入って1位になるかもしれない曲だが、この演奏中は曲が終わらずに永遠に続くと良いと思った。それだけに一番最後のBlowin' in the windは楽しかったけれど余計だった感じもする。

帰りに新橋まで出てまた昔話をして帰宅。

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Bob Dylan来日 [音楽]

london29.jpg

会社の医務室の待合室で先日の胃カメラの結果を聞くために待っていると、ラジオがかかっていてボブ・ディランのコンサートのコマーシャルが流れてきた。慌てて電話を取り出してチケットを申し込んだのだが抽選だから焦る必要はなかったかもしれない。

来年来日という噂は聞いていたのだが3月、4月とは思っていなかったので急な感じがしたのだ。そう言えば前回の2010年も3月だった。今回も会場は同じZeppで狭い会場でしかやらないようだ。

前回の来日時は70歳直前ですでにギターは1曲だけ、ほとんどはオルガンを弾いていた。ピアノよりタッチが要らなくて楽なのだろう。前回も今回が最後だと思っていったが、これからも元気で何回も見られそうな気がする。前回はもうすぐ70歳かと思ったが、前回で耐性がついて、もうすぐ73歳かとも思わない。自分の年を考えれば当たり前だが、自分の周りをみても73歳の人はまだまだ若い。自分も親の年を考えても70歳代は元気で活動的でいたいと思う。

チケットが当たるかはこれからだが、念のために別の日でも申し込んでおこうか迷っている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ワールド・オーダー 新曲「ラストダンス」 [音楽]

London (36).jpg

雪の予報だったが起きてみると雨で雪は降っていない。でもかなり冷たい雨で今日の散歩は無理そうだ。

須藤元気という人は格闘技の時代は知らないが、ワールドオーダーというダンスグループで初めて知った。音楽というより、面白いビデオとしてYouTubeで見たのだが、だんだん見ているうちに音楽の印象が強くなってきた。

今回の新曲もダンスの魅力や映像の魅力が大きいものの音楽だけ聞いていてもいい感じだ。 「ラストダンス」の映像は東京電力の本社の前から始まり、経済産業省や原発反対のテントの前、原発が見える場所などが出てきて、風力発電やソーラー発電につながっていく。歌詞にも最後の鳥が飛び立つというような言葉も入っていて、原発依存などを改めないと環境が破壊されるというメッセージ性のある内容になっている。

そんなことを考えなくても音楽とダンスを見ていると十分に楽しい。

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Bob Dylan - Like a Rolling Stone [音楽]

London (42).jpg

Dob Dylanの Like a Rolling Stone は、Rolling Stone誌が読者の投票で選んだ20世紀を代表する曲の1位に選ばれた曲で個人的にも若いころから聞いているので思い入れのある曲だ。1位かと聞かれると1位がいくつもあって彼の他の曲も同じくらい好きだ。

彼のサイトでこの曲を面白く見せている。 テレビの番組に合わせてこの曲がかかるのだが、チャンネルを変えることでニュース、スポーツなどいくつもの番組の中で登場人物がこの曲を歌う。これは見るものとしてなかなか面白い(一回は)。

今週も用事があるので竹橋はどうなるか?

このYouTubeは予告編なのでオリジナルは彼のサイトを上のリンクから。自分でチャンネルを木^ボードをつかって切り替えられる。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Unorthodox Jukebox [音楽]

street2.jpg

Bruno Marsのセカンドアルバム。前のは大ヒット曲の"Just the way you are"が入っている"Doo-Wops and Hooligans"だが、それよりは気になる曲が多い。

プリントをしながらラジオを聴いていて、何度も聞くうちに好きになってしまった "Just the way you are"だが、なんとなく子供の頃に聴いた音楽のようにも思える。言ってみると古臭く感じたのだが、何度も聴くうちに好きになり、アルバムの他の曲も気に入った。

それでセカンドアルバムだが、気のせいか新しい感じがする。 声の伸びとか、心地よい部分は前と同じだが、少し感じが違う。いくつか特に好きな曲があるが、とりあえずはこれ。


nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ローリング・ストーンズ50周年 [音楽]

rollingstones.jpg

銀座を歩いていて気がついたのだが、ローリング・ストーンズの50周年にちなんだディスプレイがあった。ロンドンのコンサートは、もう1週間も前だが、ニューヨークの方はこれからだ。最終コンサートをWOWOWが放送するようだが契約していないので、単発でペイパービューとかできないかどうか調べてみよう。

前回の2006年の日本公演は巨大なセットでステージにビルが建っていたが、今回はどうなのだろう。あの時は、娘を連れていったのだが中学生には、ちょっと辛かったようだ。おばあちゃんになった時に、孫に自慢できるからと言って納得させたが、したかな。

1966年のビートルズの日本公演には行っていないが、それが起こした熱狂や影響は知っている。だから、同じように、その時代を経験してみたいと思ったが、親より年上のロックバンドに興味はなさそうだ。その後、ローリングストーンズの話はしないから、今も興味がないかどうか知らない。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

iPad miniの広告の音楽 [音楽]

window1.jpg

iPad miniが売れているそうだが、会社でも買おうと検討している人が多いから、そこからでも売れ行きが肌感覚で分かる。個人的には情報関連はケイタイで十分で、それ以外は音楽を聴くことと本を読むことしかしないから、今のiPodとKindleで十分。

なのでiPad miniを買おうかという話ではなくて、その広告の話。家でいてもテレビは見ていないから、他のことをしていて、家族が見ているテレビからあの音楽が時々聞こえる。結構有名な曲だが久しぶりに聞く。「Heart and  Soul」だがスタンダードとして色々な人が歌っている。誰のバージョンが記憶に残っているか考えてみたが思い浮かばない。それほどスタンダードということだろう。

音楽だけでなく、iPadを二本指で弾き出して、iPad miniを一本指で弾いて曲を引き継ぐというのは広告の機能も立派に果たしていていい広告だと思う。制作は、TBWA/Media Arts Lab。さすがTBWAだ。他の機能やスペックも普通は入れたくなるが一切入っていなくてiPadの小さいものが出たということだけに徹している。さすがappleだ。普通はこうはならない。あれもこれもという話になってしまうからだ。


nice!(0)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

デジタルだからできること [音楽]

tokyobay.jpg

日曜日は午前は晴れたが夜には予報通り台風通過で大あらし。4時からは雨が降り始めた。朝から準備はしてあったのでのんびりしていた。雨なので散歩にも出かけず、夕方からパソコンの前で本を読んでいた。家族がテレビを見ている間はステレオが同じ場所なので使えないので、YouTubeが音源になる。今回気に入ったのはこのビデオ。



Pearl JamとNeil Youngが一緒に演奏しているビデオはいくつもあるが、これは面白い。2011年のトロントのコンサートのようだが、映像が素人っぽくてよくあるコンサートの勝手な録画かと思ったていたら、カメラの場所がたくさんあって編集されている。といっても公式ビデオの感じではないので、不思議に思ってコメントを見たら、YouTubeのいくつかの映像から編集したとのこと。音もPCで聞いている限りでは問題は感じない。最初の画面に元のビデオをあげた人の名前がクレジットされている。

この演奏自体すごく良いということもあるが、視点が動いてすごい臨場感だ。こういうものを見るとデジタルのすごさを感じる。会社が販売用にプロを雇って作ったのでなく、個人が勝手にビデオで違法に録画したものをネットから集めて編集すると売り物よりすごいものが出来てしまう。著作権とかビジネスとか道義責任とかすべて忘れてしまうと、こんな素晴らしいミュージッククリップはなかなか見られない。これがデジタルとネットのすごさなのだ。これができた過程が、まるでGoogleの広告になりそうなビデオだ。

史上最大とかのコメントがついていた台風なので緊張していたが、大したこともなく終わり今朝は朝から良い天気だ。この数日、気温も高かったが元に戻ったようだ。


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る